CHECK

初めての方でも安心して依頼するための外壁塗装に関する情報を紹介します

このサイトでは、外壁塗装の不安や依頼するときのポイントを紹介しています。
家が古くなり外壁のリフォームを考えている人もいるでしょう。
どのような業者に依頼するかで、金額や仕上がりも全く異なることもあるので事前に学んでおくことでスムーズに工事を進めてもらうことにもつながります。
リフォームは住宅に関わる大事な決断なので家族でよく話し合って決めることもポイントです。
安心して頼めるように知識を取り入れましょう。

初めての方でも安心して依頼するための外壁塗装に関する情報を紹介します

初めての外壁塗装の場合、相場はいくらか仕上がりまでの期間はどのくらいかかるか不安を感じている人も多いでしょう。
一般的には、外壁塗装の専門業者にいくつか見積もりを依頼して、工事内容や金額と期間などをよく話し合ってから決めることが大事です。
業者によっても外壁の塗装に使う塗料の種類や、仕上がりや耐久年数はどのくらいかなど細かい設定によって金額が異なります。
外壁の種類や住む年数などを十分考慮したうえで決めることがポイントです。

長持ちする外壁塗装の塗料の見つけ方

これから外壁塗装する場合には、できるだけ長持ちする塗料を使ったほうがいいです。
なぜ外壁塗装をするときに長持ちするものを使った方が良いかと言えば、理由は簡単で何度も塗装するとお金がかかるからです。
具体的に述べるならば、足場の設置にお金が必要です。
通常足場を設置するときには、一戸建て住宅の場合でも150,000円ぐらいは必要かを考えるならば、例えば耐用年数が10年間のものを20年間で2回使う場合と、耐用年数が20年のものを1回だけ使う場合では、150,000円ほどの費用の差が出てきます。
建物が大きくなればなるほど、この影響力が大きくなり、結果的に自分と差が出てしまうことが理解できるわけです。
とは言え、耐久力のあるものは商品の料金が非常に高いため、一戸建て住宅ならば平均的な寿命のもので良いともいえます。
そのため、あまり塗料の寿命にこだわらず自分にぴったりのものが他の人が使っている平均的なもので問題ありません。

最近外壁塗装で人気が高い色について

外壁塗装は塗料のカラーを、依頼側が自由に決めることができます。
今、人気となっているのはベージュやクリーム系です。
このような淡い色は和風・洋風どちらの住宅でも馴染みますし、周囲の住宅との調和も取りやすいことから選ばれています。
落ち着いた柔らかい印象になるのが特徴です。
この他に白も外壁塗装では人気です。
も真っ白からアイボリー系まで様々なトーンがあり、イメージに合う白を選ぶことができます。
清潔感があり植栽の緑や色鮮やかな花がよく映えるのもポイントです。
ベージュや白といった淡いカラーだけでなく、茶やネイビー、グレーといったダークトーンも近年多くの住宅で見かけるようになりました。
ダークトーンだと汚れが目立ちにくいという特徴があります。
重厚感がありシックな雰囲気に仕上がります。
またツートーンといって違うカラーを2種類塗り分けるデザインも増えています。
メリハリの効いた黒と白の組み合わせや、上品な仕上がりになるベージュと茶などが選ばれています。

外壁塗装は家の寿命を長くするために必要

外壁塗装は家の寿命を長くするために、必要不可欠なメンテナンスと言われています。
外壁塗装と聞くと色落ちするなどして、古くなった外壁に塗料を塗ってキレイにするだけというイメージを持つ方も多いかもしれません。
確かに塗装を行うことで外壁は、新築同様といっても過言ではないほど一新します。
ですが、ただ単にキレイにするというだけでなく、外壁の塗装は自然によるダメージから、大切なマイホームを守るという役割を持っています。
紫外線や雨・風など外壁は常に、自然からのダメージを受け続けている状態です。
このダメージによって塗料が剥がれ落ち、雨水が染み込みやすくなったり場合によっては壁に、クラックというヒビ割れが入ることもあります。
このクラックから雨水が入り込むと、柱や梁といった家の土台となる部分が腐ったりシロアリの被害にあいやすくなります。
結果、家の寿命が落ちてしまうという訳です。
大切なマイホームに長く住みたいなら、定期的の外壁塗装は必要です。

外壁塗装に適した時期はいつなのか

外壁塗装の工事をするなら、いつが良いか迷うかもしれません。
一般的に外壁塗装に最適とされているのは、春と秋のどちらかです。
春と秋は気温と湿度が安定しているため外壁塗装には最適とされ、業界では繁忙期とされています。
そのため外壁塗装を依頼するなら春と秋を選びたくなるかもしれませんが、繁忙期であるため予約は取りにくいです。
また春雨や秋雨などの長雨に加え台風の影響もあるので、工期が予定よりも延びる可能性があるのは注意です。
反対に予約の取りやすい閑散期は、梅雨時です。
梅雨は雨の日が多く湿度も高いため最適とはいえませんが、閑散期で予約が取りやすいので穴場と言える時期かもしれません。
その他の夏や冬も工事に向いていない時期ではなく、問題点はあるものの絶対に駄目なわけではありません。
たとえば夏なら晴れが続くの計画通りに工事が続きますし、降雪地帯以外なら冬は乾燥しているので凍結さえ気をつければ問題なく工事を行うことはできます。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装を依頼しよう!

このサイトでは、外壁塗装の不安や依頼するときのポイントを紹介しています。
家が古くなり外壁のリフォームを考えている人もいるでしょう。
どのような業者に依頼するかで、金額や仕上がりも全く異なることもあるので事前に学んでおくことでスムーズに工事を進めてもらうことにもつながります。
リフォームは住宅に関わる大事な決断なので家族でよく話し合って決めることもポイントです。
安心して頼めるように知識を取り入れましょう。

Search